YouTubeの収益化について

YouTubeの収益化とは?

YouTuberなんていう言葉を聞いたことがあるでしょう。YouTubeに投稿する動画を使って、収益を得ることができます。多くの収入を得る人もいるので、注目を集めています。ただ、どんな動画やチャンネルでも収益化ができるわけではありません。YouTubeを使って収益化をするには、YouTubeパートナープログラムに申し込んで、審査をクリアする必要があります。審査基準は昔に比べて、かなり厳しくなっており、審査にも時間がかかる傾向があります。YouTubeで収益を得る方法には、複数の方法が用意されています。YouTubeの画面上で広告を表示して収入を得る、視聴者が毎月料金を支払ってくれることで収入を得る、公式ブランドグッズを売る、などの方法があります。また、SuperChatといって視聴者がチャットメッセージを購入してくれる方法もあります。他にはYouTubePremiumのユーザーが視聴してくれることで、料金の一部を得ることもできます。YouTubeで収益を上げる方法はいくつかあり、それぞれで資格要件が異なっています。条件を満たしていない場合は、特定の方法が使えないことがあります。各条件をよく確認して、収益化にむけて利用することが必要です。

 

YouTubeで収益化する条件

YouTubeパートナープログラムの審査基準はときおり変更されます。2018年から審査基準は以前よりも厳しくなりました。まずは自分のチャンネルが、YouTubeのポリシーとガイドラインに準拠していなくてはなりません。YouTubeパートナープログラムを利用できる国や地域に住んでいることも条件です。その上で、YouTube動画の総再生時間が、過去12ヵ月以内で4,000時間以上あることと、チャンネル登録者数が1,000人以上であることが必要です。つまり、ある程度は自分のYouTubeを見に来てくれる人がいないと、収益化ができません。また収益の支払いを受けるために、アドセンスのアカウントを有していることも必要です。すでにアドセンスのアカウントを持っている場合は、そのまま利用できます。まだアドセンスのアカウントを持っていない場合は、YouTubeパートナープログラム申込時にアカウントを作ることになります。YouTubeでの収益化を考えているなら、まずは自分のチャンネルのコンテンツの量を増やし、見にきてくれる人数を確保しなくてはいけません。また、申請しても結果が出るまでに1ヵ月以上かかることもあります。不承認の結果が出た場合、30日経過後に再申込ができます。

 

 

YouTubeで収益化に近づくために大切なこと

YouTubeで収益化につなげるには、次も見たいと思ってもらえるような内容の動画をアップし続ける必要があります。そもそも、アップしている動画が、それなりに人気のあるジャンルでないと、なかなか再生回数や視聴者の数が伸びないことになります。人気のあるジャンルで、質の高いコンテンツをアップすることが何よりも大切になります。YouTubeパートナープログラム申請時に、審査基準をクリアしていても、その後、総再生時間やチャンネル登録者数が少なくなると、審査に時間がかかります。常に審査基準を満たしていく必要があります。また、YouTubeのポリシーやガイドラインに準拠している内容でないと、申し込んでも審査がなかなか通らないことがあります。著作権を侵害しているコンテンツや、オリジナリティが低いコンテンツでは、審査に通らないことが多いです。無事にYouTubeパートナープログラムに通っても、ポリシーやガイドラインに準拠し続けることが必要です。広告主にも視聴者にも有益で質の高いコンテンツをアップすることが欠かせません。

トップへ戻る