YouTubeの自動再生で困っている人へ

YouTubeの自動再生で困っている人へ

YouTubeの自動再生で困っている人へ

YouTubeの自動再生とは?

YouTubeには、視聴している動画と関連性の高い動画を自動的に選んで、次々に再生してくれる便利な機能がついています。興味のあるジャンルの動画を続けて見ることができるので、とても楽ちんです。今までのYouTubeの視聴履歴などから判定して、ユーザーが興味を持ちそうな動画が自動的に選ばれています。検索しなくても、好みの動画をたくさん視聴できます。YouTubeで動画を視聴し終わると、カウントダウンが始まり、次の動画が自動的に再生されるまで少し間があります。この間に、画面上で「キャンセル」をクリックすると自動再生を止めることができます。キャンセルを選んだことで、今回だけ自動再生が行われないようになります。アカウントの設定までが変わるわけではありません。またコメント入力や検索のためにテキストを入力している間は、自動再生のカウントダウンは自動的に停止しています。自動再生はもとからオンの設定になっています。ただ、オンオフの設定は、お手持ちのデバイスで切り替えることができます。もし常に自動再生を停止しておきたいなら、設定を変えて、自動再生をオフにしておきましょう。一度オフにしておけば、もう一度オンにするまで、自動再生は停止されたままにできます。

 

YouTubeの自動再生のオンオフを切り替える方法

YouTubeの自動再生は、画面上の設定で、簡単にオンオフを切り替えることができます。切り替える方法は2つあります。まずはYouTubeの画面を表示します。次に再生されるだろう動画が、「次の動画」セクションにたくさん並んでいます。同セクションにある「自動再生」の切り替えスイッチを動かして、オンオフを切り替えることができます。自動再生スイッチがグレーになっていれば、オフになっています。もう一つの方法は、動画プレイヤーの歯車形の設定アイコンをクリックします。「自動再生」の切り替えスイッチが表示されるので、スイッチの色がグレーになるように切り替えて、オフにできます。簡単な操作なので、すぐに変えられます。一度、YouTubeの設定でオフにしておけば、次にオンに切り替えるまでオフのままになります。自動再生がオフになっていると、今見ている動画の視聴が終わっても、次の動画の再生は始まりません。他の動画のサムネイル画像が並んでいるだけで、停止した状態のままになります。通常は自動再生はオンになっているので、便利と感じているなら、そのままでもいいでしょう。オンオフの設定は簡単に切り替えることができるので、好みに合わせて使い分けるといいですね。

 

 

YouTubeには自動再生が可能な時間制限がある

実はYouTubeの自動再生には、時間制限があります。モバイルネットワークに接続しているときには、30分間なにも操作しないでいると、自動再生は停止されます。またWi-Fiに接続しているときには、4時間が経過したら自動再生は停止します。仮に停止し忘れた場合の、自動再生のセッション時間が長くなることを防ぐために、制限が設けられています。特にスマホのモバイルネットワークでよく視聴している場合には、比較的短時間で制限がかかるようになっていることが特徴です。YouTubeをよく見る人や、連続してみるときには、自動再生機能が便利な面もあります。関連動画を自動的に選んでくれるので、探す手間もなく、メリットのある機能です。ただ、続けて見ないときや広告を面倒に思うときには、自動再生をオフにしておくといいでしょう。YouTubeは使いようによっては、様々な動画を楽しむことができるので、自分の好みの設定にして上手に活用するといいでしょう。

トップへ戻る